M's.work

サブ4を目指す。足跡を残していきたいと思います。

スポンサーリンク

夕陽とススキ 【生石高原】【おすすめスポット】

masaです。

今日は秋の生石高原の紹介です。

 

 

f:id:Sub4masa:20191006025125j:plain

  一度行きたかった生石高原

行楽のシーズン。

一人で行く近場で超お勧めのスポット。

今日は一度は見てみたかった生石高原の黄金のススキ

ゆーとびさんがアップしていた動画を見て是非行ってみたいと思いました。

夕陽とススキのコラボ、写真の出来栄えが楽しみです。

 

f:id:Sub4masa:20191006025205j:plain

生石高原 Wikipediaより引用

和歌山県北部高野山から海南市方面へ延びる長峰山脈の一角をなしている高原である[2]生石高原は、海草郡紀美野町中田と、有田郡有田川町生石にまたがる高原であり、生石ヶ峰(標高870m)を中心に隆起準平原の平面が続いている[3][2][1]。その山頂一帯はススキで覆われた約13haの大草原となっている[4][2]の新緑、ススキのシーズンは関西一円から、数多くの観光客が、その自然に触れることを目的に集まってくることでも知られている[2]。また山頂からの眺望も非常に良い[2]ことも相まって、和歌山県内有数の行楽地となっている。とりわけ、ここから見た元旦の初日の出は美しいとされている[5]。産業としては、山腹に国民宿舎があるなど観光振興がなされているほか、高原であることによる気候の特性を生かしてトマトキュウリ抑制栽培も行われるなど農業も盛んである[6]。以前は別荘地開発も行われていた[2]。高原一帯は生石高原県立自然公園に指定されている[2]

通行止め!? 一度諦めかけました。

 マイカーで午後12時に自宅を出発。

自宅から110㎞hほどで、阪神4号湾岸線、阪和道路に乗って2時間半くらいの予定で向かいました。

 

余り早くついても夕陽まで待つのも嫌だしとゆっくり出発。

しかし、それが仇となってしまいました。

 

ナビ通りに行けば多分問題なくついていたのかもしれません。

しかし、ナビでまっすぐの指示でしたが標識で右に曲がるように出ていた。

標識を信じて進むことにしたところ、だんだんと道が狭くなっていき、最後には通行止め、う回路を通れと・・・。

しかし、このう回路、軽自動車でもぎりぎりで狭く、急な下り坂で、ガードレールもなく右手は崖。

 

小心者の私には通る勇気はない。

進むか戻るか!

悩んだ末、泣く泣く引き返すことに。

恐らく近いところにきているはずなのに引き返す羽目に。

通行止めって(´;ω;`)

 

この時、すでに午後3時過ぎ。

凄く嫌気がさしてきて、断念して家に帰ろうと思いました。

帰り途中、運転疲れと目標未達の絶望感でがっくり(*'ω'*)

 

何か腹立たしく気持ちがおさまらない。

すこし気を静めようとコンビニの駐車場で少し休憩することに。

 

その時、よくよく考えたらルート通り走ればいけるのに、わざわざルートを変更して!

で、進めなくなってやめてしまうなんて(-_-メ)

 

疲れはあったのですが、ここまで来て勿体ないと思い直して今度はナビ通りに向かいました。

ナビ上の距離は26㎞

スムーズにいけば間に合いそうだ!

 行ってみよう!

 

夕暮れが近づいてきてるのか少しづつ薄暗くなってきて、少し焦ってきましたが道も狭いので安全運転しながら山道を進んでいきました。

結局、50㎞くらい寄り道をして到着予定より2時間以上遅刻してぎりぎり夕陽を拝むことになりました。

素直にナビ通りいけばよかったのに。

 

有田、海南ICからのルートマップ

山の家おいしでナビをセットしたら問題なく着きます笑

f:id:Sub4masa:20191006023712j:plain

大阪市内からだと車で2時間くらいです。 

 

到着後、早速撮影開始

標高800m

最高点で870mということで夕暮れが近づいていることもあり少しづつ冷え込んできました。

風も吹きっ晒しでやや強め。

寒い:;(∩´﹏`∩);:

これから訪れる方は防寒着を忘れないようにしてください。

 

f:id:Sub4masa:20191006030106j:plain

 

駐車場は無料

でも、夕陽目当ての人が多く、駐車場のキャパはそれほどないので満車状態でした。

何とか道路沿いに空きスペースがあったのでそこに止めることに。

まだ、空は青く、半月も出ていて、これはこれでススキにマッチしていました。

青い空と半月と風でなびくススキ。

風流でした。

f:id:Sub4masa:20191006030456j:plain

 

ここはすっかり秋。

ススキがいい感じで揺れていました。

そんな表情も写真に収めたいのですがうまく表現できません。

そして、陽も傾き太陽を隠す邪魔な雲の存在も全くなく、ススキの白い穂が黄金に輝いていました。

 

f:id:Sub4masa:20191006030601j:plain

夕陽のオレンジが、ススキの穂に溶けて一面が黄金・・・、というより写真写りはマーマレードかな。

f:id:Sub4masa:20191006030746j:plain

こんなきれいな夕陽を見るのは何年ぶりだろう

素晴らしかったです。

今度は家族を連れて見に来ようと思います。

いつも一人が好きなのですが一人で見るのはもったいない、そんな夕陽でした。

 

f:id:Sub4masa:20191007000414j:plain

 

f:id:Sub4masa:20191006031606j:plain

どっぷりと陽が沈んだら、寒い:;(∩´﹏`∩);:

でも、キャンプしている!

子供が小さい時にキャンプ連れて行ったきり全くやったことがない。

一人が好きなので一人キャンプってのもいいかもしれないとふと思いました。

 

いかん!また趣味が増えてしまう(;''∀'')

 

あたりは暗くなってきました。

遠く有田市海南市?の夜景が遠くに輝ています。

これも写真におさめ、アップしようと思い現像しましたが・・・、ボツ。

ノイズが激しくてお見せできる代物ではありませんでした。

ネットでアップしている方の画像はくっきりとしているのに。同じ機材で同じような撮影モードのつもりなのですが何故にこんな差が出るのでしょう⁉

 

今日は、見ないで帰りましたが、

ここの星空も有名だそうで。

本当は星空も見てみたい、でも、月が明るくて星が見えない。

新月を狙えば星も撮れそうですね。

 

近いうちに星の撮影もしたいと思っています。

 

まとめ

如何でしょうか?

関西にも秋の気配が。

行楽のシーズン、近くてもいい所がたくさんります。

これまで、こんなにあちこち訪ねていくこともなかった出不精な私ですが、ブログと写真撮影のおかげでアウトドアライフに楽しさを感じるようになりました。

今後も季節折々の景色を求めて各所にお邪魔したいと思います。
 

 今日は、夕暮れのほんのひと時のために一日を費やしました笑
こんな贅沢な時間の使い方していいのかどうかわかりませんが、時間をかけても見る価値があるくらい素晴らしかったです。
へたな写真で表現できていませんが。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければ応援のポチお願いいたします。

   


禁酒・断酒ランキング 

  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク