M's.work

サブ4を目指す。足跡を残していきたいと思います。

スポンサーリンク

糖質制限してみて途中経過報告 2019年5月1日

本当に糖質と疲労は関係あるの?

検証してみた。

スタートから3週間。

 

 

 

f:id:Sub4masa:20190501220108j:plain

 

これまでと今の食事メニュー

糖質疲労対策に糖質の制限を取り入れて3週間。

3週間前まではひどい疲労に悩まされていました。

色々と調べていくうちに、炭水化物の過剰摂取によることが原因ではと思い、書籍を読み自分なりに勉強、実地で確認していきました。

まだ、しっかりとした確信には至りませんが、気付いたことや変化を書いていきたいと思います。

まず、食事についてですが、

1・これまで朝食で菓子パンとブラックコーヒー又はコーヒー牛乳から朝食抜きに変更しました。

 

2・昼食は近所の飲食店、定食系、揚げ物、うどん類が多かったのですが、袋売りしているカット野菜に市販のドレッシング、ゆで卵1~2個に変更しました。

 

3・夕食は、大体仕事終了後、ジム通いしていますので、午後9時から10時と遅いでです。食事メニューは基本従来通りですが、ご飯は1膳、必ずサラダ、冷ややっこを先に食べ、メインとご飯を食べる順番としています。

 

4・これまで間食で、チョコレートやポテトチップスなどの菓子類は食べず、ミックスナッツ、ピーナッツを合間に食べています。

 

5・市販のビタミンC、B群のサプリを1日1回今は寝る前に飲んでいます。

 

とこんな具合です。

検証・気付いたこと

ほぼ、ルーティーン化して続けています。が、時々、我慢できずに間食にお菓子を買って食べることがあります。

ですので、完全なサンプリングにはなりません。

なりませんが、データ上でも明らかに変化がありました。

それは、体重が減った。スタートの4月11日の午前8時の計測で体重61.8㎏、今日5月1日は60.1㎏でした。

数日前までは59㎏台でした。

ですが、実は、私の目標は減量ではないので逆に心配しています。

むしろ、体重増で筋肉量のアップを計りたいのでこの結果には少し心配です。

 

これは推測になりますが、夜も炭水化物を抜けばさらに体重は落ちるのでしょうね。

筋肉量も同時に減っていくようなので逆に食事の摂取量をもう少し増やした方がいいような気もします。

不足分を出来るだけタンパク質類で補いたいです。

 

次に、自覚的な変化ですが、明らかに疲労がなく身体が軽くなったようです。

制限前の頃のように、動けない、頭がぼーっとして何も考えられないようなこともなくなり、ジムにも通え、一通りのトレーニングも楽しくやれるようになっています。

それと、本を読むと5分で猛烈に眠くなる症状も今はなくなり、頭にも文字が入ってくるようになりました。

朝の時間にぼーっとすることがないので午前中に集中力を必要とする仕事を中心に仕事のルーティーンを決められ以前より効率的に作業も進められるようになっています。

午後は、炭水化物のほぼない食事ですごすことで、明らかに眠くなりにくいです。

あれだけ午後の睡魔に悩まされていたのが嘘のように調子いいです。

ただ、夕方早いうちから空腹になります。

仕事が終わってそのままジムに行きますので家に帰るまで何も食べません。

余り空腹にしておくと血糖値が下がり過ぎて低血糖で疲れを感じてしまうので、小腹がすいたらナッツなどをつまみ食い程度して小腹を満たすのがよいようです。

まとめ

私は専門家ではないので、どうこう言えないのですが、糖質制限でのダイエットをなさっている方も多いようですが、適度に糖質を補給しながら徐々に馴らした方がいいような気がします。

人によっては、糖質をやめたために逆に疲労が出たり、ぼーっとしたり、その他、身体に負担をかける結果になるような気がします。

 

私も、体重の減少、空腹でのイライラは良くないものと感じていますので、小腹満たし程度には何か食べたり、今後は朝食も抜きでなく何か補給した方がいいのかなと思っています。糖質以外でですが。

この検証、別に結果が出たらやめてしまうという訳ではありません。

これから先、自分なりにアレンジしてよりよい食事にしていきたいと思っています。

 

疲労が抜け、身体が楽になるのであればこれくらいの制限はいくらでもやっていきたいと思っています。

また次回報告をいたします。

 

 

 

 


マラソン・ジョギングランキング 

  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク